銀龍山泰聖寺 のご紹介

宝暦五年(1755年)創建の古刹・泰聖寺
当泰聖寺は、宝暦5年(1755年)証空哲山上人(八代将軍 徳川吉宗実弟)により創建されて以来、山城(京都長岡京市)柳谷観音大阪霊場として信を集め、境内に湧出する「金龍水」「銀流水」は大阪7名水のみならず「眼病にご利益あり」の評判高く、また「明治天皇御用水」の栄を授かるに至り注目を集めました。また茶道の水としても名高く、茶人・風流人が心を寄せるほどでした。 この故に当山山号を「銀龍山」と称す。 のちに当寺は太平洋戦争で戦火に遭い、堂宇全てを焼失したが、戦後、柳谷観音「楊谷寺」より「十一面千手観世音菩薩」を拝領し、本尊として安置し奉り、柳谷観音大阪別院として再出発、信仰道場として現在に至る。 当山ご縁日は毎月21日(お大師さん)で、柳谷観音の信者がお参りになり、眼病諸病平癒のご祈祷をし、柳谷観音独特の百万遍念仏勤行式を唱えあげ、平和平穏、諸願成就を願いつつ、先祖供養、念仏三昧の1日を過し、観音様の慈悲の心に浸る。 又、京都本院では一年の平和、安全、身体健全を願う「年頭護摩供法要」が営まれ、願をこめて書かれた護摩木を焚焼し、火と煙により祈りを捧げる。

新着情報

12.10.21
大阪天王寺区・泰聖寺好評の現地案内会開催中!
12.06.15
銀龍山泰聖寺 新規取り扱い好評受付中!

インフォメーション

泰聖寺聖苑墓地・現地案内会開催中!
毎日新聞に泰聖寺・金龍水が紹介されました。
読売ライフ平成22年10月号「天王寺七坂めぐり、泰聖寺・金龍水」
銀龍山泰聖寺の墓地紹介を、新規に開始いたしました。

担当者

担当者 浦 綾希子

ごあいさつ

cem_tantou_0060.jpg

宝歴5年に創建された古刹・泰聖寺は眼病祈願で知られる、京都・長岡京市の柳谷観音の別院です。
また、毎月1回 AM10:00頃~PM5:00頃まで、柳谷観音泰聖寺にて「ふれあい市」が開催されます。
泰聖寺聖苑は地下鉄谷町線「市天王寺前夕陽が丘」5番出口より徒歩約5分の好立地に位置し、
今回特に個数限定の0.6聖地セット墓地を(130万円)でご奉仕しております。
ご来苑お待ちしております。詳しいことは、お気軽にお問い合わせください。

京石へのお客様の声

サンプル画像
お墓のことはよくわからなったのですが、京石さんに相談して良かったです。
環境がよくてととても満足しています。
サンプル画像
お墓を建てるにあたって相談しました。
イメージ通りのお墓になりました。

電話番号