尊重寺のご紹介

尊重寺

尊重寺

尊重寺は、清重山と号して浄土真宗本願寺派(西本願寺)に属し、阿弥陀如来を本尊とする。 寺伝によれば文明7年(1475年)、松本左兵衛尉が本願寺8世蓮如上人に帰依して直弟子となり、 法名を教正と号して創建したという。 その後、覚円が宝暦4年(1767年)には鐘楼、太鼓堂、薬医門等を再建。昭和49年には本堂や 鐘楼堂等、同年57年に太鼓堂を修復した。 銀杏の古木が聳える境内は、静かな佇まいを有し、往年を偲ばせる。

新着情報

11.10.01
高槻市尊重寺・空2区画募集中!

インフォメーション

高槻・尊重寺 安心の永代供養

担当者

担当者 浦 綾希子

ごあいさつ

浦 綾希子

浄土真宗の方に朗報です。
1区画1.8聖地 残り2区画です。
永代使用料 1,000,000万円 年間管理料 6,000円
先着順受付となっておりますので、お早めにご見学下さい。
詳細はお気軽にお問合せ下さい。

京石へのお客様の声

サンプル画像
お墓のことはよくわからなったのですが、京石さんに相談して良かったです。
環境がよくてととても満足しています。
サンプル画像
お墓を建てるにあたって相談しました。
イメージ通りのお墓になりました。

電話番号